脱毛とプラセンタドリンク

RSS
12月
15

ムダ毛の処理を放棄した現在

ムダ毛ってどうしてこんなにも、人の手を煩わせるのでしょう。本当に鬱陶しく思います。なぜ私はこんなものを処理するためにこんなに時間を使わないといけないんだろうと嘆いたことは何度もあります。それくらいにムダ毛の処理には大変な思いをさせられました。

いつからか私はムダ毛の処理を放棄しました。ムダ毛の処理に時間を奪われるのがどうして許せないので、ムダ毛を隠すほうにシフトしていったのです。ムダ毛を隠すというのはムダ毛を生やしたままで処理する手間を省き、ひたすら服でごまかすという方法です。どんな季節でも長袖もしくは七分丈の服を着ることで、脇や腕のムダ毛を隠すようにしました。もちろん同じように足も隠します。レギンスやタイツなどでうまく隠して生活しています。

元からそんなに露出した服装は好きではないし、時間をとってムダ毛の処理をするのは嫌です。こんなのに時間を取られるなんて、学生時代でもううんざりです。だから私はムダ毛の処理を放棄しました。そして今に至ります。

ただムダ毛の処理をしていないのを隠そうとするにも限界があります。やっぱりムダ毛がどうしても見られる場面ってありますからね。健康診断などは特にです。この時にムダ毛を処理をしていないと恥ずかしいことになるでしょう。今は時と場合を考えて、融通を聞かせて処理しています。ムダ毛の処理をしなくなって、大分心に余裕が出てきた気がします。ムダ毛を神経質に剃るよりも服でごまかすほうがずっと負担がないと思いました。

 12月 15th, 2015  
 w_admin  
 脱毛体験談  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です