脱毛とプラセンタドリンク

RSS
12月
11

白ニキビを潰してしまって後悔しています

私は元々肌荒れしやすい体質なのか、思春期の頃からよくニキビができていました。
でも思春期の頃のニキビは、大抵赤や黄色の目立つ大きなもので、潰したら痛いし、悪化してしまうのが目に見えていたので潰したりはしませんでした。
でも、大人になってからポツポツと出始めた白ニキビに関しては、最初ニキビと気づかなかったんです。
白ニキビを潰してしまって後悔しています
私の知っているニキビは赤や黄色の大きな形状ですから、白くて小さなブツブツが同じニキビだとは思わなかったんですね。
できる場所は顎とか首とか頬を中心に、気にしてよく触っていたせいもあってかなりたくさん広がってきてしまっていました。
この頃になるとさすがにどうにかしないと、目立つし化粧しても見た目が汚いし、家族にもその顔どうしたの?といわれるようになってきていました。
それでイライラして、つい顎にある白ニキビを潰してしまったんです。
そうすると、中から固い芯みたいなものが出てきて、赤や黄ニキビのような膿は出てきませんでした。
それがなんとなく癖になってしまい、その芯みたいなものを出せば治るんじゃないかと思ってどんどん白ニキビを潰していったんです。
その結果、状態が悪化して赤く腫れてしまい、病的なまでのひどいニキビ面になってしまいました。
ようやく皮膚科に行って、本格的にニキビ治療をして、半年ほど経過してようやく治すことができました。
でも潰したところは色素沈着してしまい、ニキビ痕として残ってしまっています。
ひどくないうちにさっさと病院に行って白ニキビ解消しとけばよかったと後悔しています。

 12月 11th, 2016  
 w_admin  
 美容  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です